貴女にも磨ける霊感

第四回 霊感を高める方法その参

● 額にオイルを塗る

世界三大伝統医学のひとつである、インドのアーユルヴェーダでは、眉間を「第三の目」と呼んでいます。この場所を活性化することで、脳、神経、目、耳という霊感に関係の深い場所が活性化されてきます。 アーユルヴェーダでは、眉間に人肌より暖かめの一定量のオイルを垂らし続けることで脳をマッサージする「シロダーラ」という心身の療法があります。これを家庭でやることは難しいので、代わりにオイルを塗りましょう。眉間にオイルが浸透していき、霊感が活性化されることになります。スキンケア用として市販されているオイルならなんでもかまいませんが、以下の方法で手作りするのもおすすめです。

  • 未焙煎の精製ごま油を鍋に入れ、直火にかけないように加熱します。
  • 100度くらいになったら火を消します。
  • 荒熱が取れたら冷暗所で保存します。

仰向けに寝て、このオイルをたっぷりめに眉間に塗り、目を閉じて瞑想にふけりましょう。

● 白湯を飲む

これもインドの健康法。冷たい水ばかり飲んでいると身体が冷え、脳への血液循環も鈍くなってしまいます。白湯を飲むことで全身の血液循環がよくなり、新陳代謝もよくなります。私たち霊能者の中にも、鑑定の前に白湯を飲む人が多いです。巡りをよくすることで、霊感も活性化されるのです。

  • やかんに水(水道水でよい)を入れ、強火にかけます。
  • 沸騰したら弱火にして15分ほど沸騰を続けます。
  • このとき、やかんのふたはしないようにしてください。
  • 15分ほど経ったら、40度くらいに冷まして飲みます。
  • 作り置きはせず、飲むたびごとに作った方が白湯の中に「気」がこもります。

● 2個のサイコロで7を出す

念じたものが視えるようになるのが霊感を高める目標。身近にあるものでその練習を行いましょう。36回繰り返し、10回以上成功するようになれば、霊感はかなり高まってきたといえます。

  • サイコロを2個用意します。
  • 「7が出る、絶対7が出る」と強く念じながらサイコロを両手に包んで振ります。
  • サイコロを転がします。

● 方位磁石の針を霊感で動かす

これも上記と同じ目的のトレーニング。最初はなかなか動きませんが、練習を繰り返し、霊感が高まっていくうちに針が視線と同じ方角を向くようになってきます。

  • 方位磁石を用意し、ふたを外します。
  • 風が入らないよう窓やドアを閉めます。
  • 回したい方向にゆっくりと視線を動かします。
ページのTOPへ