霊能力鑑定の種類

霊能力鑑定の種類、詳細説明です。 「霊能力鑑定の種類」一覧に戻る>

霊能力(霊能力者)

一般的に、人に宿る霊魂や生き霊、自然界の精霊などを感じたり見たりし、さらに言葉を交わしたりできる能力を指します。常人には不可能と思える超常現象を操り、霊的な力を自在に行使できるようになります。

霊感

霊能力のように、なんらかの作用を及ぼす現象とは異なり、主に霊的な物の存在を感知したり意思を聞いたりといった、受動的な影響を受ける感性のことを指します。霊感には大きくわけて、心を意識的にその状態に持っていくと見える場合と、絶えず霊の意思が流れ込んでくる場合とがあります。

霊視

人の住む物質界の上位霊や、神霊界の霊体などと同じ次元まで意識を高めることで、対象とした相手の心の中から未来図までを瞬時に読み取ることができます。過去や現在、そして未来と時間に左右されない映像を見て、物事の本質と問題に迫ります。

透視

指紋などと同じように、物質に残った意識や霊痕を辿り、その持ち主の思考やそのときの感情を探る霊能術です。高い霊能力を有する透視能力者は、今現在その所有者がどこで何をしてなにを考えているか、瞬時に理解することができます。

守護霊対話・背後霊対話

人は誰もが守護霊を持っています。自身の守護霊が自分とどんなつながりがあるのか、いつの時代のどんなふうに生きた人なのか、霊能力による判定や診断と合わせて、守護霊からの貴重な人生の助言や問題解決の指示を伝達いたします。

いたこ・口寄せ・故人交信

死者の霊魂や生者の生き霊、神仏の高次霊などを、自らの肉体に降ろす霊媒師たちをいたこと呼びます。そしていたこが行なう降霊術のことを、口寄せと呼ぶのです。たとえば故人の霊を降ろしたときには、まるで死者が甦ったかのように、生前と変わらぬ口調や声色、癖で会話することができます。

予知

予言ともいいますが、霊能師が未来に起こる出来事を見通す霊能力です。身近な出来事から、世間的な社会現象まで、規模の大小を問わずに霊能者は霊能力で未然に体験することができるのです。降りかかる厄災や問題を避けたい、後悔しない最高の選択をしたいと願う方は、予知能力を有する霊能者にお任せください。

前世診断

人は輪廻転生(生まれ変わり)を繰り返して、今の世に誕生したとされています。つまり遠い昔にも私たちは別の姿で生きており、人生を終えたと考えられているのです。そんな自分の前の人生、つまり前世を知りたい方へ、霊能者が霊能力による前世診断を行ない、残した悔いや果たされなかった使命を、ときには守護霊に確認しながらお伝えするのです。

思念伝達

口に出しては伝えられない気持ちを、念に乗せて送り込む霊能力のことです。霊能力で送り込むのは対象者の心。直接届くので相手に気付かれず、なおかつ的確に効果を発揮します。たとえば片想いに悩む方が、相手の心に自分への恋心を芽生えさせることもできるのです。逆に否定的な念を送れば、ストーカー対策にもなります。

生き霊呼び出し・死者霊呼び出し

両者の違いは、呼び出す霊体の持ち主が生きているか死んでいるか。生き霊の場合、霊体の持ち主がどんな気持ちで何を考えているかを知ることができ、今後の行動指標を立てることが事前にできます。死者霊呼び出しは口寄せとも重なりますが、死者の悔いですとか思いを霊体に語らせることができます。

夢伝達法

無意識の意識と言われるくらい、夢には人の深層心理の願望が表れます。しかしなにかを暗示しているように感じても、漠然とした思考だったり、なんのつながりがあるかわからない場面の連続だったり。霊能者はそこから見えてくる心理状態と、未来の出来事を読み取ることができるのです。また、霊能力で他人の夢の中を操作することもできます。片想いの相手の夢に貴女を登場させ、気持ちを引き寄せるなども可能です。

千里眼

霊能者が自身の霊波動を視覚に集中させ、対象者の現状を正確に見通す霊能力です。この霊能術を使えば、相手がたとえどんなに遠くにいても、今の状況を寸分違わず見抜けます。嘘をつくことなどできようはずもなく、真実をさらけ出すのです。知りたくない事実まで見えてしまうので、よくお考えの上で霊能者にご依頼ください。

水晶透視

ただ透明なように見えて、実は水晶の中には様々な映像が見えているのです。水晶は邪気を寄せ付けず、真実をそのまま映し出す霊石です。それが一流の霊能者の手に渡ると、それは精度の良い映写機となり、テレビのように知りたい映像が次々と流れていくのです。

復縁術

恋愛相談の中でも、復縁や復活愛など、一度別れた相手と再度やり直したいとお思いの方の相談に、この霊能術は用いられます。今はどこにいるか、電話番号や住所もわからない状態の相手でも探しあてます。もちろん、別れて友人状態や絶縁状態にあるけれど、身近にいる相手との復縁でしたらもっと高精度の復活術・恋愛修復法も早い効果が見込めます。

波動修正

人は安定した精神状態にあるとき、霊波動が安定した状態を保ちます。しかし、精神や肉体に強い負荷を受けることで、その霊波動が乱れてしまい、低級霊や生き霊、悪想念に取り憑かれてしまうのです。波動修正は文字通り、その人が持つ最適な霊波動へと霊質を戻し、不運や問題から無縁の状態に保つ力を与えるのです。

恋愛成就法(縁結び)

片想い、不倫、略奪、年の差、身分の差など、男女の数だけ恋愛には組合せがあります。立場や状況に左右されず、どんな恋愛でも叶えるのが霊能者の行なう恋愛成就法です。“赤い糸”と言われる恋愛の糸が、霊能者には見えているのです。貴女の反対側につながっているのはどんな人か、霊能者は霊能力により即座に知ることができます。それを結び付けた上で、恋愛縁を高めます。

縁切り

愛情の冷めた相手との別離には、この縁切りの霊能術を霊能者は用います。きっちりと恋愛縁を切ることで、後々にストーカー化したり、悪念を持った生き霊を飛ばされたり、極端な話裁判沙汰になったりするのを防げます。もちろん、恋人や夫婦などの男女間だけでなく、友人、知人との縁を遠ざけたい場合も、この霊能術は役立ちます。

恋愛修復法・復活術

復縁術と似ていますが、復縁したい相手が貴女の身近にいる場合、霊能者はこの恋愛修復法の霊能術を執り行います。効果は早く表れ、失った恋愛をもう一度すぐにやり直せます。同じ過ちを貴女も相手も繰り返すことはなくなり、長い縁を築けます。

供養

写真や人形などの物に霊体意識が宿った場合や、亡くなった先祖の霊体意識がさまよっている場合、霊能者は言わば成仏させるための供養を行ないます。邪念が残っている場合は、即座に供養しなければなりません。中には害のまったくない霊体意識もありますが、それが人の場合だと、その霊体は来世へ生まれ変わることができず、現世に捕われたままになってしまいますので。

浮気封じ

恋人がいる人、付き合いたての人から、特に多く相談を寄せられています。霊能者は相談者の相手の心に、ある種の“縛り”の念を送り込みます。たとえば他の女性に気を取られると、彼女の悲しそうな顔が浮かんでくるなどの精神的にダメージを受ける縛りから、精神そのものに苦痛を与える縛りまで、相談者と霊能者の間で相談の上で執り行います。

心願成就

目標、目的の達成を目指す相談者に対して行なう、願望成就の霊能術のひとつです。主に仕事での成功(地位や名誉の獲得、出世、起業独立)や、霊質の向上(受験合格、資格取得)などの相談で効果を発揮します。明確な目的を持っている方は、霊能者の力を受けて、確実な結果を手に入れてください。

霊界通信

高次元霊界や神霊界などの、およそ常人が接することのできない霊界と、霊能者は意識のやり取りを行なうことができるのです。そこから霊能者は相談者の相談内容に応じた神託を受け、お伝えするのです。自分が生まれ持った使命からこの世の理まで、どんなに壮大な話でも、この霊界通信で聞くことができます。

除霊

原因のわからない体調の悪さや精神的落ち込みは、生き霊や低級霊が憑依したことによるかもしれません。霊能者が見て、それと判断したときには除霊を行ないます。霊能力で邪霊を引き剥がしたり、消滅させたり、悪想念を放った相手に送り返したり、場合に応じた霊能術を施します。その後には癒し波動の伝達を行ない、精神を安定させます。

遠隔気道術

霊能者が弱った身体に力を送り、相談者の内なる気を呼び覚まし活性させることを言います。人は本来、高い生命力を備えています。しかしその生命力が外的要因で眠ったままのため、様々な悪念に身体を乗っ取られる形になるのです。内側から霊体や霊波動を輝かせることで、根本的に霊質改善を行なえます。

祈願・祈祷

霊能力が特に高い霊能者が行なう、願望達成の霊能術法のひとつです。密教や神道、さらには魔術、自然崇拝とそれぞれの分類によって方法は異なりますが、それぞれに神格化した対象に祈ることを指します。いずれも願望達成は、確実に叶えられます。すぐにでも叶えたい願望がある場合、今までなにをしても結果を得られなかった場合などは祈願を受けると良いでしょう。

心霊測定

肝試しに行ってから調子が悪い、家の中に誰かの気配がする、そんなはっきりしないけれど霊の存在を感じる場合は、心霊測定を受けてください。実害もないし、放っておけば良いと高を括っていると、後々大きな厄災を招く原因ともなります。専門家である霊能者に診断してもらった上で、除霊などの適切な処置を受けるべきでしょう。

ページのTOPへ