おまじない

第8回 きれいに別れるためのおまじない

「別れよう」としっかり言えるおまじない

  • 手鏡を左手に持ちます。
  • ふうっと息を吐きかけ、曇らせます。
  • 曇った手鏡に、右の人差し指で「The End」と書きます。
  • さらにふうっと息を吐きかけ、曇らせます。
  • 右手の平全体で拭きとります。
  • 鏡に向かって笑顔を作り、「さよなら」と呼びかけます。

このおまじないで彼に「さよなら」を言う勇気が生まれます。

別れた相手に恨まれないおまじない

  • 二枚貝になった貝殻を用意します(あさりやはまぐりなどでOK)
  • 二枚貝の片方に貴女の名前、もう片方に相手の名前を書きます。
  • 貴女の髪の毛と相手の髪の毛と貝殻をビニール袋に入れ、細かく砕きます。
  • それを海や川に持って行って、流します。
  • 決して後ろを振り返らずに帰ります。

相手から恨まれることなく、きれいに別れることができます。

別れた相手と二度と関わらずに済むおまじない

  • 半紙に相手の名前を書きます。
  • パセリの葉をちぎって、半紙の上に散りばめます。
  • 半紙をパセリごとなるべく小さく畳みます。
  • 月の出ない夜、土の中にその半紙を埋め、上にもパセリを散らします。
  • 「永遠にさよなら」とつぶやいて、その場を去ります。

別れた相手と関わらずに、きっぱり別れられます。

別れた相手と友達づきあいができるおまじない

  • 二人が並んで映っている写真を用意します。
  • 二人の間をはさみで切ります。
  • 一度切った写真をセロテープで貼り合わせます。
  • セロテープをグリーンの油性ペンで塗ります。
  • グリーンの封筒に入れ、部屋の東側にしまっておきます。

恋人から友達へと関係を変えてつきあっていけます。

ページのTOPへ